高山市の飛騨エアパークでモーターグライダー事故!詳細や原因は?

26日午後に、岐阜県高山市の飛騨エアパークでモーターグライダーが墜落する事故がありました。

事故の経緯や、原因が気になりますよね。

そこで今回は、

  • モーターグライダー事故の経緯
  • 事故の原因

主にこの2つについて迫っていきます。

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

高山市の飛騨エアパークのモーダーグライダー事故の詳細

事故の経緯を時系列でまとめてみました。(出典:NHKYahoo!ニュース産経新聞

事故当事者

  • 山田正勝さん(80)高山市国府町名張、無職
  • 日下部直人さん(61)高山市江名子町、飛騨エアパークの事務局長

事故の経緯

  • 26日午前11時45分 高山市丹生川町にある飛行場「飛騨エアパーク」を出発。午後1時45分に富山空港に到着する計画
  • 26日午後2時30分ごろ 「飛騨エアパーク」から「モーターグライダーが到着時間になっても連絡がなく行方不明の可能性がある」と警察に通報。
  • 26日午後3時45分ごろ 飛行場から南東におよそ20キロ離れた高山市高根町中洞の山中に墜落しているモーターグライダーを発見
  • 26日午後5時10分すぎ 自衛隊小松基地の所属のヘリコプターが現場付近で、搭乗者と思われる2人を確認。(山田さんは操縦席で、日下部さんは後ろの席)
  • 27日午前10時ごろ 岐阜県警により2人の死亡確認、遺体収容、身元判明
  • 27日午後 国の運輸安全委員会から航空事故調査官が「飛騨エアパーク」に到着
スポンサーリンク

高山市の飛騨エアパークのモーダーグライダー事故の原因

事故の原因は何だったのでしょうか?

事故原因は、航空事故調査官がこれから調査する予定となっており、今のところわかりませんでした。

事故現場では、山田さんは操縦席、日下部さんは後ろの席で発見されたようです。

そのため、山田さんの操縦ミスではないかと思う人も多いかもしれません。

しかし、操縦していたパイロットの山田正勝さんは、大ベテランとして知られていたようです。

「操縦されていた方は大ベテランの方で、事故が起こったこととか信じられない。人柄もすごく良くて常に笑顔。だれにでも笑顔で優しい方。遊覧飛行として後ろに10回以上乗っている」

出典:Yahoo!ニュース

また、モーターグライダーは前の席でも後ろの席でもどちらからでも操縦できたという情報もあります。

パイロットの男性の知人は「前が機長席で後ろが副機長席。後ろでも前でも操縦できる。免許があればですけど」と説明しました。

出典:Yahoo!ニュース

そのため、操縦ミス以外にも、機体の故障や、天候の影響などが考えられます。

スポンサーリンク

さいごに

今回は、岐阜県高山市のモーターグライダー墜落事故の経緯や原因についてお伝えしてきました。

また新しい情報が入ってきたら、追記させて頂こうと思います。

それでは!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次