鈴木浩文の演技が上手すぎる3つの理由!役作りが丁寧だった!

俳優として映画やドラマなどで活躍している鈴木浩文さん。

そんな鈴木浩文さんですが、演技がとにかく上手いと評判のようです。

鈴木浩文さんはなぜ演技が上手いのか気になりますよね。

そこで今回は、

鈴木浩文の演技が上手すぎる3つの理由

に迫っていきます!

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

鈴木浩文の演技が上手すぎる3つの理由

俳優として映画やドラマでその高い演技力を評価されている鈴木浩文さん。

ネットでも、演技が上手いという声が多数上がっていました。

なぜ鈴木浩文さんは、演技が上手いのでしょうか?

次の3つの理由が考えられます。

  • 役作りが丁寧
  • 脚本家なのでストーリーの理解が深い
  • 舞台での経験が豊富

役作りが丁寧

鈴木浩文さんは役作りを細かく丁寧にされているようです。

撮影以外でも、ヒロインを好きになるために、稽古場で隣に行ったり、稽古から一緒に帰ったりなど、丁寧に役作りの努力をされています。

ある舞台でヒロインを好きになる役をやったときは、稽古場で隙をみつけては隣に行ったり、稽古から一緒に帰ったり、その子を携帯の待受画面にしたり。本当にその人を好きになるためにいろいろしましたね。

出典:Vitamin Day

こうした細かい役作りまでやり切ることが、高い演技力を出せる秘訣なのではないでしょうか。

脚本家なのでストーリーの理解が深い

鈴木浩文さんは、俳優としてだけではなく、脚本家としても活動されています。

現在は「1623」という名前で脚本家をされており、TikTokドラマ制作チーム「ごっこ倶楽部」を立ち上げ、出演と脚本を担当しています。

「ごっこ倶楽部」は2022年11月27日現在でフォロワー数が約94万人の人気チーム。

その脚本の半分を鈴木浩文さんが担当しているとのことで、脚本家としても高い実力を持っているようです。

『1623』
読み方はいち ろく に さん。TikTokドラマ制作チーム「ごっこ倶楽部」の立ち上げメンバーとして参加し、脚本の半分以上を担当している。

出典:ミクチャ

ご自身も脚本家をされているため、出演する映画やドラマの脚本に関しても、かなり深いレベルで理解されていると考えられます。

そうしたストーリーの理解力が、演技力につながっているのでしょう。

舞台での経験が豊富

鈴木浩文さんは、ドラマや映画のような撮影だけでなく、舞台での経験も豊富です。

鈴木浩文さんが出演した舞台

  • 遅咲会11月公演『はりぼて予知のその先に』
  • RANPO chronicle 『D坂の殺人事件』『一人二役』
  • RANPO chronicle 妄想博覧会
  • 座・遅咲会「どんでん返しを求めて」
  • 神田時来組「次郎長、渡世人辞めるってよ」瓦版屋役
  • BQMAP「エラトステネスの篩」準主演
  • BQMAP「月感アンモナイト」準主演
  • BQMAP「パノラマスイッチ」主演
  • 「雷火」準主演 タキ役 (ノンスタイル石田明脚本)
  • 演劇ユニットCoZaTo「本日貸し切り」

出典:MICHELLE ENTERTAINMENT

舞台では、撮影と違って、撮り直しもできないですし、リアルタイムで生の演技力が試されます。

鈴木浩文さんは、数々の舞台出演をされたことで、演技力が磨かれていったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

さいごに

今回は、鈴木浩文さんが演技が上手すぎる3つの理由についてお伝えしました。

鈴木浩文さんは

  • 役作りが丁寧
  • 脚本家なのでストーリーの理解が深い
  • 舞台での経験が豊富

という3つの理由で、演技が上手いのだと考えられます。

高い演技力で人気急上昇中の鈴木浩文さんなので、今後の飛躍がとても楽しみですね!

それでは!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次