篠原涼子が太って見える3つの理由!サイレントの役作りの影響?

歌手や女優として活躍し、川口春奈さんの主演ドラマ『silent』(サイレント)でも母親の律子役で注目されている篠原涼子さん。

そんな篠原涼子さんですが、太ったという噂があるようですが、太って見える理由は何か気になりますよね。

そこで今回は、

篠原涼子が太って見える3つの理由

主にこちらについて迫っていきます。

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

篠原涼子が太って見える3つの理由

女優や歌手として活躍している篠原涼子さん。

49歳となった現在(2022年12月30日時点)でもお美しいですが、ネットでは太っているという声が多くありました。

篠原涼子さんが太ったと言われるのはなぜでしょうか?

それには次の3つの理由が考えられます。

  • 役作りのため
  • 衣装の影響
  • 雰囲気が変わったため

それでは順番に見ていきましょう。

役作りのため

篠原涼子さんは、2022年のフジテレビのドラマ『silent』で、主人公の母親役を演じています。

そのため、元々はスマートな印象の篠原涼子さんですが、役作りのために、ふっくらとさせている可能性があります。

ただ、役作りで髪型や体型を自ら変えるタイプで、『金魚妻』では16歳下の岩田剛典との濡れ場を演じるため、玄米を食べて5キロ減量して撮影に臨んでいた。今作では年相応の母親らしさを出すために、あえて増量したと言われています

出典:文春オンライン

衣装の影響

また、衣装の影響も考えられるでしょう。

衣装が柔らかい生地だったり、色が薄いと太って見えることがあります。

色の中には、暖色系の色や白のように実際のサイズより大きく見える膨張色や、反対に収縮して見える黒や紺などの収縮色があります。

膨張色の主な色は、暖色系の赤やオレンジ、黄色など。

出典:東建コーポレーション

衣装が暖色系だった場合、太ってみることがあると考えられます。

雰囲気が変わったため

篠原涼子さんは現在49歳ですが、以前や若い頃と比べて柔らかい雰囲気になっています。

また『silent』での母親役の影響などで、包容力のある印象になっているとも考えられます。

そうした柔らかい包容力を感じさせる雰囲気によって、太っているように見えるのかもしれません。

スポンサーリンク

さいごに

今回は、篠原涼子が太って見える3つの理由についてお伝えしました。

篠原涼子が太って見える理由は、

  • 役作りのため
  • 衣装の影響
  • 雰囲気が変わったため

の3つが考えられます。

いずれにしても、ドラマや紅白歌合戦出場などで人気急上昇中の篠原涼子さんの、今後の活躍に期待したいですね!

それでは、ありがとうございました!

こちらの記事もどうぞ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次