三浦瑠麗の夫・三浦清志の詐欺の内容は?10億円被害で逮捕の可能性も?

国際政治学者で、コメンテーターとしても活躍している三浦瑠麗さん。

そんな三浦瑠麗さんですが、夫の三浦清志さんが詐欺で告発され家宅捜索を受けたようです。

三浦清志さんは何をしたから詐欺の疑いをかけられたのか気になりますよね。

そこで今回は、

三浦瑠麗の夫・三浦清志の詐欺の内容?

逮捕の可能性

主にこちらについて迫っていきます。

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

三浦瑠麗の夫・三浦清志の詐欺は何した?

国際政治学者で、テレビでも活躍している三浦瑠麗さん。

そんな三浦瑠麗さんですが、夫の三浦清志さんが詐欺で告発され、家宅捜索を受けたようです。

三浦氏を巡っては、夫の三浦清志氏が、詐欺容疑で告訴され、東京地検特捜部がこの会社を家宅捜索していたことが20日、明らかとなっている。

出典:Yahoo!ニュース

三浦清志さんの詐欺容疑の内容は何だったのでしょうか?

三浦清志さんの詐欺容疑は、開発の住民同意や用地権利が取れるかどうかわからないことを隠して、三浦清志さんの会社「トライベイキャピタル」が、不動産会社マーキスから10億円の太陽光発電の投資を受けたいうものです。

マーキス側は東京地検特捜部に告訴しています。

トライベイキャピタル側は、住民の同意がとれるかどうかわからない事実を隠して、マーキスに「同意がとれる」と申し向け10億円を出資させたことが詐欺にあたる──これが今回の刑事告訴の内容だとみられる。

出典:現代ビジネス

トライベイキャピタルの太陽光発電プロジェクトは兵庫県福崎町で、約9万坪の土地の大半を取得して、発電出力2万KWの施設を建設するという大規模なものでした。

兵庫県福崎町にある約9万坪の土地の大半を取得して、発電出力2万KWの施設を建設するプロジェクトだった

出典:Yahoo!ニュース

この開発のために、住民の同意や土地の取得が必要でしたが、土地を譲り受ける予定だった京都市のA社とトラブルになり、住民同意も得られない状況で、開発計画が進展しなかったようです。

住民への同意を巡って、もともとの土地を持っていたA社とトライベイキャピタル側で紛争が起こった。

出典:Yahoo!ニュース

そのため、マーキスはトライベイに対し民事訴訟を起こしましたが不調に終わり、東京地検特捜部への告発に至ったとみられています。

10億円を出資したマーキス側とトライベイキャピタル側でトラブルになり、民事調停なども実施されたが、不調に終わった

出典:Yahoo!ニュース

東京地検特捜部に詐欺容疑で告訴されたことで、三浦清志さんは今後逮捕される可能性はあるのでしょうか?

もちろん今後の捜査の結果によりますが、検察の捜査が入っている以上、三浦清志さんが逮捕される可能性は否定できないでしょう。

さいごに

今回は、三浦瑠麗の夫・三浦清志の詐欺の内容についてお伝えしました。

三浦清志さんは、自身の会社トライベイキャピタルで、住民の同意が得られるかどうかわからないことを隠して、不動産会社マーキスから投資を受けたことで投資詐欺の容疑がかかりました。

捜査の結果次第では、今後逮捕される可能性もあるでしょう。

いずれにしても、事件の真相が一刻も早く解明されることを願いたいですね。

それでは、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次