三浦清志の経歴がエリートすぎる?高学歴で元外務省出身だった!

国際政治学者の三浦瑠麗さんの夫で、詐欺容疑で告訴された実業家の三浦清志さん。

そんな三浦清志さんですが、どんな経歴や学歴の方なのか気になりますよね。

そこで今回は、

三浦清志の経歴や学歴

主にこちらについて迫っていきます。

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

三浦清志の経歴

三浦瑠麗さんの夫で、太陽光発電事業などを手掛ける三浦清志さん。

そんな三浦清志さんですが、どんな経歴をお持ちなのでしょうか。

三浦清志さんの経歴や学歴は次のとおりです。

  • 福岡県立宗像高校
  • 東京大学教養学部卒業
  • 2002年 外務省入省し、アジア大洋州局中国課に2年間勤務。三浦瑠麗さんと結婚
  • 2004年 外務省をやめてマッキンゼーアンドカンパニーに転職
  • ベインキャピタルに転職
  • 2015年 セーフレイ・ジャパンに転職。同社日本支社長。
  • 2017年 セーフレイ・ジャパンを退社
  • トライベイキャピタルに参画し、マネージングディレクターから2023年現在は同社代表取締役
  • 2023年1月 トライベイキャピタルが投資詐欺容疑で東京地検から家宅捜索

出典:三浦清志さんのFacebookTwitterYahooニュース

三浦清志さんの出身高校の福岡県立宗像高校の偏差値は63(「みんなの高校情報」より)で、東大や京大合格者を出す進学校です。

東京大学から外務省、外資系社長と、絵に描いたようなエリートコースという感じですね。

三浦瑠麗さんも東京大学で、清志さんの方が1学年上です。

瑠璃さんが学部4年生の時にお二人は結婚されています。

セーフレイ・ジャパンは、2010年に設立されたドイツ・ベルリンの独立系電力事業者であるセーフレイグループの子会社でセーフレイは世界各国でメガソーラー事業を手がけています。

三浦清志さんはセーフレイ・ジャパンの日本支社長となり、日本でのメガソーラー開発に携わっていました。(出典:SOLAR JOURNAL

セーフレイの後は、トライベイキャピタルに参画し、代表取締役となっていますが、2023年1月には太陽光発電案件で投資詐欺の容疑がかかり、トライベイキャピタルは東京地検に家宅捜索されています。

三浦清志氏が、詐欺容疑で告訴され、東京地検特捜部がこの会社を家宅捜索していたことが20日、明らかとなっている。

出典:Yahoo!ニュース
スポンサーリンク

さいごに

今回は、三浦清志の経歴や学歴について解説しました。

三浦清志さんは東大出身で外務省、外資系企業社長といった経歴や学歴を持つエリートでした。

2023年1月26日現在は、投資詐欺容疑で捜査されていますが、今後の展開を注視したいところですね。

それでは、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次