前田大然が高校時代に謹慎になった理由!いじりすぎで和を乱した?

スコットランドのセルティックに所属し、ワールドカップ日本代表としても活躍する前田大然さん。

そんな前田大然さんは、高校時代に謹慎になったそうですが、理由が気になりますよね。

そこで今回は、

前田大然が高校時代に謹慎になった理由

についてお伝えします。

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

前田大然が高校時代に謹慎になった理由

2022FIFAワールドカップでは、献身的なプレーで話題となった前田大然さん。

そんな前田大然さんですが、山梨学院高校の1年生の冬から、1年間サッカー部を除籍されていたようです。

その理由というのが、チームメイトへの行き過ぎた「いじり」でした。

当時、山梨学院大学の監督だった吉永一明さん(現アルビレックス新潟シンガポール監督)は、事態を重く見ていじりをしていた前田大然さんを除籍しました。

あるチームメイトに対して、大然ともう一人がいじりのつもりでちょっかいを出していた。周りの選手から見ると度を越しているように見られる状態でした。事態を重く見て、大然を含む2人を1年間の除籍処分とすることを決めました。

出典:Yahoo!ニュース

また、山梨学院高校のサッカー部内では、それ以前から、前田大然さんを中心として「いじり」「いじられ」がエスカレートしていたようです。

そのことが原因で、サッカー部内の和が乱れてしまい、それが見過ごせないレベルになってしまったのでしょう。

寮生活を送っていた1年の冬、同級生の間で「いじり」「いじられ」が次第にエスカレートする。サッカー部内に不協和音が生じ、中心人物の一人だった前田は部から除籍された。

出典:毎日新聞

また、前田大然さんが山梨学院高校に入学した直後の2013年4月にも、他の部員による集団暴行事件が発覚。

3年生7人が2年生をサッカー部寮内の風呂場で殴ったり、熱湯をかけるなどして問題になりました。

この集団暴行事件でも、加害者は「ふざけているつもりだった」と話しています。

同校によると、4月21日夜、甲府市内のサッカー部寮内の風呂場で、3年生7人が2年生を殴ったほか、シャワーで約50度の湯をかけるなどした。暴行した7人は同校の聞き取りに対し「ふざけているつもりだった」と話しており、4月27日から自宅謹慎中。

出典:デイリー

吉永監督としても、こうした事件の後でもあり、「いじり」や「ふざけ」を放置したら大きな問題になると考えたのでしょう。

そのため、前田大然さんに対して、厳しい対応をしたのではないでしょうか。

前田大然さん自身も、当時の自分を振り返って、ヤンチャだったと語っています。

そうした性格や、高校1年生という若さもあって、歯止めが効かなかったのかもしれないですね。

それまではヤンチャなこともしていましたし、ピッチ内外で本当に自分のことだけしか考えていなかったですから。

出典:Number Web

除籍になった前田大然さんは、復帰できるかどうかわからない中、山梨学院高校に残ることを決め、1年後にサッカー部への復帰を許されました。

前田大然さんは、除籍になったことがきっかけで、仲間のために走るという現在のような献身的なプレースタイルが生まれたそうです。

高校時代サッカー部を除籍されたこの1年間を経て、「自分がいちばんではなく、周りの人のために」との意識が身につき、仲間のために走る献身性を学んだという。

出典:Number Web

カタールワールドカップでの活躍も、高校時代の経験が糧になっているのですね。

スポンサーリンク

さいごに

今回は、前田大然が高校時代に謹慎になった理由についてお伝えしました。

前田大然さんが謹慎になったのは、前田大然さんが中心となり、チームメイトへのいじりがエスカレートしたからでした。

高校時代の謹慎を経て、仲間のための献身的なプレーを身につけた前田大然さんの今後の活躍を期待したいですね!

それでは!

こちらの記事もどうぞ↓

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次