原晋・青山学院大監督の経歴や学歴まとめ!現役時代の活躍もすごい?

青山学院大学陸上部の監督として、箱根駅伝でも注目されている原晋監督。

そんな原晋さんですが、どんな人なのか、経歴や学歴が気になりますよね。

そこで今回は、

青学の原晋監督の経歴や学歴まとめ

主にこちらについてお届けします。

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

青学の原監督の経歴や学歴まとめ!

青山学院大学の陸上部の長距離監督で、箱根駅伝でも注目されている原晋さん。

そんな原晋さんの主な経歴や学歴をまとめました。

原晋の学歴

  • 三原市立糸崎小学校
  • 三原市立第一中学校
  • 広島県立世羅高等学校
  • 中京大学体育学部体育学科

原晋の主な経歴

  • 1967年3月8日生まれ 広島県三原市糸崎出身
  • 三原市立第一中学校時代から陸上を始める
  • 広島県立世羅高校では主将として全国高校駅伝で準優勝
  • 中京大学3年生の時に、日本インカレ5000mで3位入賞。
  • 1989年 創設1年目の中国電力陸上競技部に入部するも、入社1年目に足首を捻挫し競技者生活に終止符。
  • 1995年 選手を引退し、中部電力でサラリーマンとして働き営業成績1位になるなど活躍。10年間会社員生活を送る
  • 2004年 青山学院大学陸上競技部中・長距離ブロック監督に着任
  • 2009年 青山学院大学を33年ぶりに箱根駅伝出場に導く
  • 2015年 青山学院大学が箱根駅伝初の総合優勝。2018年まで箱根駅伝総合4連覇を達成
  • 2019年 青山学院大学地球社会共生学部教授に就任、箱根駅伝往路優勝、総合2位
  • 2020年 箱根駅伝総合優勝、10時間45分23秒の新記録を達成
  • 2021年 箱根駅伝往路優勝、総合4位
  • 2022年 箱根駅伝総合優勝

原晋監督は、学生時代に陸上で優秀な成績を収めていましたが、中京大学では1年時に捻挫してしまい、満足に競技ができなかったそうです。

原氏は、世羅高校(広島)、中京大学を経て陸上選手として中国電力に入社する。しかし入社1年目に足首を捻挫し、競技者生活に終止符を打たざるを得なくなった。

出典:日経XTECH

競技者を引退後は、10年間ほど中国電力の会社員として働いていましたが、2004年から青山学院大学の長距離監督に就任。

監督としては、2015年には、箱根駅伝で青山学院大学を初の総合優勝に導き、総合優勝6回、往路優勝2回とトップチームに育てあげています。

現役時代は、怪我で思ったように競技をできなかった原晋さんですが、指導者としては圧倒的な成績を残していますね。

スポンサーリンク

さいごに

今回は、青山学院・原晋監督の経歴や学歴まとめをお届けしました。

原晋さんは、選手時代は怪我に悩まされましたが、監督になってから華々しい活躍をされています。

そんな原晋さんの、今後の活躍に期待したいですね!

それでは、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次