江田亮の横領事件の経緯をまとめ!逮捕や裁判の可能性は?

CBCテレビの元アナウンサーで、労働組合費4000万円の着服が明らかになった江田亮さん。

2022年12月8日にFRIDAYデジタルで報道され、大きな話題となりました。

そこで今回は、

江田亮の横領事件の経緯をまとめ

逮捕や裁判の可能性

をお届けします。

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

江田亮の横領事件の経緯をまとめ

元CBCテレビのアナウンサーで、4000万円の横領事件を起こした江田亮さん。

そんな江田亮さんの横領事件の経緯をまとめました。

江田亮の4000万円横領事件の経緯

  • 2018~21年 江田亮がCBCテレビ労働組合の財務部長を務める。この間に合計4000万円を着服
  • 2022年9月 江田亮が発覚を恐れて、3500万円を返金
  • 2022年9月頃 労働組合の役員改選により、横領が発覚。最終的に残り500万円を返金。
  • 2022年11月から 江田亮が出勤停止に
  • 2022年11月24日 労働組合の「組合ニュース」が一斉送信され、江田亮の横領があったことが発表される。この時点で、全額返金済。その後解任。
  • 2022年12月8日 FRIDAYデジタルが、江田亮の横領事件を報道。同日、江田亮が自主退職。
  • 2022年12月9日 CBCテレビが、江田亮が退社していることを公表
スポンサーリンク

江田亮さんは2018〜21年にCBCテレビ労働組合の財務部長をしており、2022年11月24日の組合メールによると、その間に

  • 総合口座からの多額の現金引き出し
  • 領収書の不正処理による自己口座への振込
  • 組合タクシーチケットの私的利用

を行ない、合計で4000万円を横領したとされています。(参照:FRIDAY

その後、2022年9月頃に労働組合の役員改選があることを見越してか、江田亮さんが横領の発覚を恐れて3500万円を返金。

2022年11月24日の時点では、「組合ニュース」が労働組合委員150人ほどに一斉送信され、事件が明るみになりました。

この時点で、残りの500万円も返金が完了していたようです。

そして、2022年12月8日にFRIDAYが報道し、多くの人が知ることになりました。

CBCテレビは2022年12月9日に、江田亮さんがすでに退社していることを発表。

退社時期や理由についてはCBCからは明かされませんでした。

同局は、この報道について、江田アナがすでに退社してていることから「事実関係も含めてお答えできません」とした。

 また、退社時期やその事由についても「お答えできない」と話すにとどまった。

出典:Yahoo!ニュース

しかし2022年12月10日の「FRIDAY」の報道では、最初の報道があった12月8日に、江田亮さんが自主退職という形で退職していたというCBC関係者の証言がありました。

今後も新たな展開があれば追記していきます。

スポンサーリンク

江田亮の逮捕や裁判の可能性

横領事件といえば犯罪で、しかも4000万円というのは大きな金額ですよね。

そのため、逮捕されたり、裁判になってもおかしくありません。

実際逮捕や、裁判の可能性は否定できないでしょう。

業務上横領は親告罪ではないため、告訴がなくても起訴される可能性があるようです。

業務上横領罪は親告罪ではないので、告訴がなくても検察官が被疑者を起訴することが可能です。

出典:東京スタートアップ法律事務所

また、逮捕されるケースとして、東京スタートアップ法律事務所の見解では、

  • 警察の捜査で被害金額が10万円を超える場合は、逮捕の可能性が高い
  • 被害金額が数十万円あるいは100万円以上に上る場合は、全額返金するなど事情を問わずに逮捕の理由と必要性が認められる

とされています。

一方で、同ホームページでは、業務上横領は民事で解決することが望ましいとされているため、被害届が出されない場合、通常は逮捕されることはないとしています。

今回のケースでは、江田亮さんは横領したお金を全額返金しており、今のところCBCが被害届を出したという情報もありません。

そのため、このまま逮捕や裁判はない可能性があります。

今後どうなるかはまだわかりませんが、続報を待ちたいところですね。

スポンサーリンク

さいごに

今回は江田亮さんの横領事件の経緯をまとめや、逮捕や裁判の可能性についてお伝えしました。

4000万円という大きなお金を横領したことで、世間を騒がせてた江田亮さん。

今後逮捕や、裁判に発展する可能性もなくはありません。

また新しい情報が入り次第、こちらに追記していきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次