Adoの声が不快な3つの理由!歌い方や世界観が独特すぎる?

顔出ししないアーティストとして、数々のヒット曲を生み出しているAdoさん。

独自の世界観を打ち出しファンが多数のAdoさんですが、声が不快と感じる人もいるようです。

そこで今回は、

Adoの声が不快な3つの理由!

主にこちらについて迫っていきます。

それでは早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

Adoの声が不快な3つの理由!

人気歌手として数々のヒット曲を生み出しているAdoさん。

個性的な歌い方にハマる人が続出しているAdoさんですが、一方で声が不快という意見もあるようです。

ネットでも、声が不快、という投稿が多数ありました。

なぜAdoさんの声が不快だと思われてしまうのでしょうか。

それには次の3つの理由が考えられます。

  • 声を歪ませている
  • 怒鳴るような表現
  • 特徴的な裏声の使い方

それでは順番に見ていきましょう。

声を歪ませている

Adoさんの歌い方の特徴として、声を歪ませる歌い方があります。

声を歪ませることで、独特の世界観を生み出していると考えられますが、歪んだ声が耳に障る人もいるようです。

ネットをリサーチすると、Adoさんの声と「汚い」と言っている人が多くいました。

それが不快と感じる原因になっているのかもしれません。

ただ、歪んだ声の方が好きな人も多いですし、ロックのギターのように歪ませる表現もかっこいいので、好みの問題だと言えるでしょう。

怒鳴るような表現

Adoさんの歌では、怒鳴るような声を出す場面があります。

Adoさんの代表曲「うっせぇわ」では、がなったり怒鳴ったりするような表現が多用されています。

「うっせぇわ」のアートワークや歌詞からもわかるように、怒りを表現している楽曲ですね。

こうした怒ったような声が、不快だと思われる原因かもしれません。

ただAdoさんもわかっていて怒るような歌い方をしていると考えられ、むしろ不快感を抱くのはAdoさんの計算通りなのかもしれません。

Adoさんも、「ONE PIECE FILM RED」のインタビューの中で、

攻撃的な感じというか、尖った強さのイメージを持っていた方も多かったと思うのですが、思った以上に「Adoがやる歌姫ウタ」を受け入れて、楽しみにしてくださって、すごく嬉しかったです。

出典:billboard JAPAN

と、「攻撃的」「尖った強さ」と自分自身を評価しており、意図的なものだとわかります。

特徴的な裏声の使い方

Adoさんは楽曲の中で、裏声を多く使ったり、ケロッとひっくり返るような声の使い方をしています。

代表曲の「うっせぇわ」や「新時代」などでも、裏声やひっくり返らせる表現がとても印象的です。

そうした声がひっくり返る表現も、受け付けられないという人が多いかもしれません。

ただ、裏声や声のひっくり返りが気持ちいいという人も多くいると思いますし、私は個人的に、聞いていて気持ちがいいと思いました。

ネットでも、Adoさんの声をひっくり返らせる歌い方が気持ちいという人が多くいるようです。

スポンサーリンク

さいごに

今回は、Adoさんの声が不快な3つの理由についてお伝えしました。

Adoさんの声が不快だと感じる人がいるのは、

  • 声を歪ませている
  • 怒鳴るような表現
  • 特徴的な裏声の使い方

といった理由が考えられます。

ただ、こうした歌い方や声の出し方が好きな人も多いですし、Adoさん自身わざと攻撃的に表現していると考えられます。

いずれにしても、どんどん活動の幅を広げているAdoさんの、今後の活躍に期待したいですね!

それでは、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次